セブ島で絶対に試すべき定番アクティビティ5選【2017年版】 | セブ旅

ブログ

セブ島で絶対に試すべき定番アクティビティ5選【2017年版】

投稿日:2017年2月27日 更新日:

1.アイランドホッピング


フィリピン伝統の白い船、バンカーボートで離島へショートトリップ!シュノーケリングとBBQランチが付いてくるプランも多く、セブでは外せない人気No.1アクティビティです。

シュノーケリングスポットは海洋保護区に指定されており、カラフルな熱帯魚がお出迎え!その後は、美しい島に上陸してお楽しみのランチタイムです。真っ白な砂浜でフィリピン人とビーチバレーを楽しんだり、ゆっくり波の音に耳を傾けている間に、BBQランチが次々に用意されていきます。

爽やかな風を感じながら、新鮮な海の幸を堪能してみませんか。セブに来たからには外せない大人気アクティビティです!

2.カワサン滝でトレッキング

イカダに乗って滝つぼの裏に行ったり、激しい滝に打たれり、川遊びを満喫できるツアー。滝の近くには飲食を出来る場所もあり、滝を眺めながらランチやお酒も飲める。

エメラルドグリーンの川をトレッキング出来るツアーも人気アクティビティの一つ。カワサン滝から車で20分のところにはマイニット温泉もあり、川遊びで疲れた体を癒してくれる。

3.ボホール島一日ツアー


高さ30~50mの円錐形の小丘が1,268が連なる絶景「チョコレートヒルズ」と、世界最小のメガネザル「ターシャ」を見に行くおすすめツアーです。4月~6月あたりは乾季の為、植物が枯れる事によって小丘がチョコレート色に変わる。その景色がチョコレートを並べたように見える事からこの名前がついた。

さらにロボック川ランチ&クルーズで、雄大なるジャングルの中を遊覧しながらフィリピン料理も堪能出来ます!

4.セブ市内観光

市内の見どころとしては、サントニーニョ教会、マゼランクロス、サンペドロ要塞等が有名。サントニーニョ教会は毎週日曜日にミサが行われる為、キリスト教徒の信者が大勢集まります。

個人だと効率良く回るのが難しいので、オプショナルツアーに申し込むのが基本です。セブ島の中心地を周り、歴史と文化を感じる一日。定番スポットを安心に効率良く回ろう!

5.ジンベイザメウォッチングツアー

世界で唯一ジンベイザメと一緒に泳げる海!一生に一度は体験する価値あり!セブ、マクタンエリアからバンで約3時間。セブ島南部のオスロブは、世界で唯一野生のジンベイザメの獲付けに成功した村です。

触れそうな距離でジンベイザメと一緒に泳ぐ体験は一生忘れられない貴重な体験です。その後は、オスロブの対岸、スミロン島の近くでシュノーケリングをしたり、時間があれば上陸してランチを取る事も可能。

目一杯楽しんだ後は、心地よい疲れと貴重な体験を思い出に、帰りのバンの中ではぐっすり眠れるでしょう。

番外編

ご存じの方もいるかもしれませんが、セブリゾートの中で日本人の方が所有している島があります。語学留学生や、個人旅行のお客様は他の離島にツアーにいく事が多いのですが、穴場なのが何もなくて豊かな島「カオハガン島」です。

セブ旅はカオハガン島全体を使ったチームビルディングプランも用意しています。社員旅行におすすめなプランですので、ツアープランにお困りの幹事様は是非お問合せ下さいませ!

いずれのツアーも個人で行くのは交渉が大変だったり、当日ツアー会社の担当が集合場所に来ない、連絡が取れないなんて事もあります。団体ならなおさら対応が難しいです。

そういった面倒な事は全てセブ旅に安心してお任せ下さい。

無料でお見積はこちら

幹事さん必見!セブ島『無料』視察ツアーやってます

赤穂 浩司

セブ旅責任者。学生時代は旅行学科で専門知識を学び、旅行会社で経験を積む。その後、ヨーロッパ、アジアを中心に30カ国渡り歩き、さらにセブ島留学で英語とITを学び、現在セブ島に在住。 3度の飯より野球好き。日本で軟式野球チームを運営中。将来の目標はセブ島に野球文化を広めること。

セブ島への社員旅行ならセブ旅にお任せください

電話番号

-ブログ
-

Copyright© セブ旅 , 2017 AllRights Reserved.